買って良かった!UNIFLAME(ユニフレーム)山ケトル900をご紹介!

スポンサーリンク
キャンプギア
スポンサーリンク

購入経緯

普通のクッカーではお湯になるまでかなりの時間がかかりました。
夏はいいのですが、冬キャンプだと待ってる間が寒すぎるので、ケトル(ヤカン)を購入することにしました。

ケトルも各メーカーから商品が出てますが、ユニフレームのケトルを選びました!
その理由と使用感をお伝えできればと思います!

購入したケトル

ユニフレーム(UNIFLAME) 山ケトル900

スポンサーリンク

UNIFLAME(ユニフレーム)山ケトルの特徴

特徴は3つあります。

  1. コンパクト
  2. 焚火で沸かすこともあるので塗装が無い方が良い
  3. 取っ手が熱くなりにくい

コンパクト

ソロ用に400〜600mlのケトルも売っていますが、2人でも使えるものを探していたので、容量が800ml以上のを基準にしていました。
容量が1L近くになると、高さがかなり出てきます。

普通の車なら大きいケトルでも良いのですが、積載量が少ないロードスターにはケトルてスペースを取ってしまうのは厳しいです。

※キャンプ道具の積載はもはや戦いです

このユニフレーム 山ケトルは900ml入る割には、高さが低めの設計になっており、とてもコンパクトです!
お湯はコーヒー、スープー、油落としなど、使う機会は多いのでとても助かっています(^_^)

焚火利用を考えて塗装無いタイプを選択

Colemanや、ロゴスなどのケトルは黒に塗装されててカッコ良いのですが、焚火の中へ突っ込むと塗装が剥がれる心配がありました。

また取っ手にゴムが付いているものもあるのですが、同じく焚火に入れると溶ける心配もありました。

ユニフレームは塗装がない分、焚火へ突っ込んでも問題なさそうですし、この無骨さがいいなーと個人的に思っています。

取っ手が熱くなりにくい

ユニフレーム 山ケトルの特徴として、取っ手部分に穴がいくつか空いています。

これは熱を伝わりにくくするためで、実際に沸騰したケトルを持っても熱くなりにくいです。

ただし、全く熱くならないというわけではないので、取っ手を触るときは注意をお願いします!笑

↓商品詳細ページ

ユニフレーム (UNIFLAME) 山ケトル900 667736
ユニフレーム (UNIFLAME) 山ケトル900 667736がコーヒー・ティーポット・ケトルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

使ってみた感想

このケトルを使って、数回キャンプしました!
9〜11月に行ったので朝夜は5度以下になりました。温かいスープや飲み物を色々作りましたが、ケトルが重宝しました(^^)


↑この景色を見ながらのコーヒーは最高でした

クッカーだと沸騰するのに10分近くかかりましたが、ケトルだと5分ぐらいで沸騰しました。

さらにクッカーですと、平らでない焚火の中には突っ込めませんが(水が溢れるので)、ケトルは蓋がついているので、ガンガン焚火の中に入れて使いました

焚火の中に入れるとススが付きますが、タワシでガシガシ洗えるので、そんなに気になりません。
(むしろ少し汚れてたほうがカッコいいかも?笑)

おわりに

今回はユニフレーム 山ケトル900をご紹介しました。
コンパクトなのに容量も900mlあり、3人まではこれ1つで十分そう
です。
個人的には焚火の中に入れて使えるのが1番魅力的でした。

ケトル選びのご参考になれば幸いです!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました