計器飛行証明取得への道〜XPlane11購入〜

スポンサーリンク
フライト日記
スポンサーリンク

こんにちは、釜めしです。
計器飛行証明の奮闘記を記録しています!

 自費訓練は超高額

自費訓練のフライト費用は超高額で、とくに計器飛行課程ではバロン58(双発)で訓練を行うため、1 時間で約 15 万かかりました( ; ; )

お金のためにも 1 分も無駄にできません。「実地試験は一発で合格する!」と心に決めていました。
※実地試験に落ちると追加で莫大な費用がかかります。100 万近くかかるとか・・。

 イメトレのため、XPlane11 の購入を検討

そのためにも一生懸命に勉強をするのですが、机上でどんなに勉強しても、上空での操作はイメージがつきません。
そこで XPlane11 というシミュレーターゲームの購入を考え始めました。

Amazon.co.jp: ズー フライトシミュレータ Xプレイン11 日本語 価格改定版 : ゲーム
Amazon.co.jp: ズー フライトシミュレータ Xプレイン11 日本語 価格改定版 : ゲーム

シミュレーションゲームが家にあれば、初期投資だけで好きなだけ FTD できるようなものです。
百聞は一見に如かずということわざがありますが、まさにその通りだと思います。

マイクロソフトのFSXとXPlane11の比較

マイクロソフトが出しているフライトシミュレータ2020というシミュレーションゲームもあります。(通称:FSX)
FSXは、XPlane11より多少安く、日本のシーナリーも豊富です!

ですが、私は以下の点を考慮し、XPlane11にしました。

  • アメリカ連邦航空局に認定されており、訓練目的に最適
  • アドオンの機体のクオリティーがかなり高い
  • 訓練用なので操作感覚も実機と似ている
  • FSXではアドオン必要なものが、XPlane11ではデフォルトで入っている
  • 外部デバイスとの接続が簡単にできる

 安くプレイするための環境整備

XPlane11 のソフト自体は 6000 円程度で購入できるのですが、問題はハードウェアの環境です。
プレイするには、高スペックのゲーミング PC が必要で、XPlane11の要件を調べると 15 万程度の PC を新たに購入しなければなりませんでした。。。

また PC だけでなく、シミュレーター用のフライトヨークも購入必須なので、全てを購入するとなると 20 万の投資が必要です。

シミュレーターに投資したからって実地試験に一発で通る保証はありません。ですが、上空での出来栄えは、地上でのイメージトレーニングの精度・回数がものをいいます。よく教官に「結果は飛ぶ前からすでに決まっている(=地上での準備が大事」とよく言われていました。

ということでなるべく安くて高品質なものを買うようにして、周辺環境を整えることにしました。

 ゲーミング PC

妻は IT エンジニアなので、安くてクオリティの高い PC を探してきてくれました。自作PCを作ることも考えたようですがOSも別途必要になるので、値引きされているメーカーPCの方が良いとの判断になったようです。

PCは「OMEN OBELISK Desktop 875 」というゲーミングものでした。定価は 15 万ほどのようですが、キャンペーンのおかげで 9.5 万で購入できました!!
ゲーミングPCの購入は初めてですが、光っててカッコいいですね(о´∀`о)

※クリックすると詳細ページへ飛びます
XPlane11用に購入したPC

スペックは以下の通りです。

OMENのスペック

 PC 周辺機器

Amazonでマウスとキーボードを購入しました。とにかく安いものを買ってます(笑) ロジクールは安くて質もいいですね(^_^*)

Amazon.co.jp: ロジクール 有線 キーボード 耐水 K120 USB接続 テンキー 薄型 有線キーボード 国内正規品 : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: ロジクール 有線 キーボード 耐水 K120 USB接続 テンキー 薄型 有線キーボード 国内正規品 : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185SG 小型 電池寿命最大12ケ月 M185 スイフトグレー 国内正規品 3年間無償保証 : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185SG 小型 電池寿命最大12ケ月 M185 スイフトグレー 国内正規品 3年間無償保証 : パソコン・周辺機器

 フライトヨーク

フライトヨークはメルカリで安く購入しました。定価は 5 万ですが、1.5 万で購入!
最終的にはこんな感じでシミュレーターができるようになりました。

フライトシミュレーター

総額

全部で以下の金額で購入できました!
初期の見積もりは 20 万だったのでだいぶ安く抑えられました。

購入品(購入先) 値段
ゲーミングPC(日本HP) 95,000円
マウス(Amazon) 1,000円
キーボード(Amazon) 1,500円
XPlane11(メルカリ) 6,000円
フライトヨーク(メルカリ) 15,000円
CD/DVD 外部ドライブ 所持していたため0円
合計 118,500円

シミュレーターをやってみた

最後にシミュレーターを実際にプレイした感想を書きます。シミュレーションゲームは初めてやりましたが、最近のゲームはすごいなと思うぐらい、計器や各スイッチがリアルで、本当に驚きました…
このXPlane11のお蔭で学習したことをすぐに実践して、体でも覚えられました!

(もちろん相応の努力も必要ですが)私は、クラスの中でも訓練の成績は良かったですし、実地試験も無事に1回で合格しました!('ω')

一点、改善点を挙げると、地形があまりリアルではありません。(まあ欲を言えば程度ですので、全然問題はありません)
私はG1000のバロン58に乗っていましたので、それをXPlane11でプレイするためには、少し改造が必要です。
詳細は以下をご覧ください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました